売上伝票の項目解説

最終更新:2022/5/17

共通項目

端末番号

決済端末の端末識別番号 (TID) - 備忘録用を参照

承認番号

加盟店によるイシュア (カード発行会社) へのオーソリ (信用照会 / オーソリゼーション) に対し、イシュアが承認した際に発行され加盟店に通知される番号です。

CCT (共同利用端末) における一部の取引 (ICによるPIN取引やEMVコンタクトレス取引の一部) ではオフライン承認も存在し、この場合は承認番号が発行されないため伝票には000000と表記 (CARDNET JET-Sなどの場合)、もしくは表記が省略 (INFOX、CAFIS Archの場合) されます。

カード会社

アクワイアラであり、仕向先のカード会社です。

CARDNET JET-Sなどでは「TS3カード(739)」のように括弧書きで3桁の番号も併記されますが、これは「KID」と呼ばれるもので、アクワイアラ1社に1つ (合併などによる例外あり) 割り当てられています。

CCTでは三井住友カードは社名で表記されず「ビザ/マスター」と表記されます。

伝票番号

端末ごとの売上伝票の通番です。

CARDNET JET-Sでは、クレジット・銀聯・NFCPAYがすべて通番でカウントされますが、INFOX・CAFIS Archではクレジット・銀聯・NFCPAY (NFCペイメント) が別々にカウントされます。

取引内容 / 支払区分 / 取扱区分

取引内容は「売上」「取消」「返品」のいずれかになります。

  • 売上:クレジットカードから支払う操作です。
  • 取消:「売上」を取り消す操作でカードの明細には「売上」分も含めて取引は表示されません。
  • 返品:クレジットカードに返金する操作でカードの明細には「売上」分と「返品」分で2件表示されます。

支払区分は支払い回数のことで、「一括」「分割」「リボ」などと表記されます。分割であれば分割回数も表記されます。

取扱区分は上記2つの内容をコード化したものです。例えば、売上・一括であれば110と表記されます。

商品区分

購入した商品・サービスの商品区分コードを表します。

厳密に区別して設定されているわけではなく、大雑把な区分となっています。商品区分コードで区分できない業種や取引も多いため、区分不能を示す「990」や省略されてしまう場合もよく見かけます。

EMV関連の項目

AID : Application Identifier

アプリケーションごとの固有の値です。

主な例

  • Visa
    A0000000031010
  • Mastercard
    A0000000041010
  • JCB
    A0000000651010
  • American Express (複数確認)
    A00000002501
    A000000025010402
    A000000025010801
    A000000025010901
  • Diners Club / Discover
    A0000001523010
    Diners ClubとDiscoverは共通のアプリケーション仕様 (D-PAS) となっています。
  • 銀聯
    A000000333010101 (デビット)
    A000000333010102 (クレジット)

少し古い情報ですが一覧が以下に掲載されています。
https://www.eftlab.com/knowledge-base/211-emv-aid-rid-pix/

APL : Application Label

主にブランド名が設定されます。AIDと一対一の設定ではなく、同一AIDでも異なる場合があります。

主な例

  • VISACREDIT
  • VISADEBIT
  • VISA DEBIT
  • Visa Debit
  • Visa Prepaid
  • Mastercard
  • MasterCard
  • MASTERCARD
  • JCB Credit
  • JCB Debit
  • AMERICAN EXPRESS
  • DinersClub
  • UNIONPAY CREDIT

ATC : Application Transaction Counter

IC処理を行った回数です。EMVコンタクトレス搭載カードの場合はその取引も接触ICと通番でカウントされる場合がほとんどと思われます。

10進数表記の場合 (INFOXなど) と16進数表記の場合 (CARDNET JET-Sなど) があります。

1回の取引で必ずしも1増えるわけではなく、端末により2またはそれ以上増える場合もあります。

ARC : Authorization Response Code

承認 (オーソリ) やPIN照合のステータスを表しているようです。

主な例

  • 00:オンライン承認
  • Y1:オフライン承認 (主にCCTでPIN入力時)

カードシーケンス番号 : PAN Sequence Number

同一PANを持つカードを識別するための番号のようです。イシュアにもよりますが初回発行カードは概ね「00」「01」のどちらかになることが多いです。

参考:https://twitter.com/ri25r/status/1236935254998274048

その他

項目名のみ紹介

  • AC : Application Cryptogram
  • 予測不能数 / UN : Unpredictable Number
  • アプリケーション交換プロファイル / AIP : Application Interchange Profile